ニキビ改善のための便秘のお話

大人ニキビの原因は様々です。今現在できているニキビへは、たしかに普段お使いの化粧品やニキビケアグッズで改善が可能かもしれません。

しかし、その奥に隠れたニキビの本当の原因を解決させない限り、ニキビは繰り返しでき続けてしまうでしょう。大人のニキビケアでは、あなたが抱えている問題を解き明かすことが大変重要なのです。

肌トラブルを引き起こす原因の一つに、しばしば便秘が挙げられます。特に女性の場合、慢性的な便秘に悩まされている方も少なくありませんね。

便秘はニキビだけではなく、ボディラインやダイエット、またニキビ以外の肌トラブルを引き起こしてしまう美容の大敵だとも言えます。では、そもそもなぜ便秘がニキビの原因と成ってしまうのかをご存知でしょうか?

便秘が起こってしまった腸内では、本来ならば体外へと排出されるべき便が止まっています。長らく腸内にとどまった便は、腸のなかで腐敗し、有害物質を発生させるのです。

ここまでの知識は、多くの方が持っているのではないかと思います。

便を体内に止める、というだけでも、なんとなく体に悪そうなイメージがつくでしょう。それでは、この有害物質の発生がどのようにお肌へ影響をもたらしているのでしょうか?

実は、有害物質によって悪化が進んだ腸内環境は、お肌のターンオーバーと深く関わっています。ターンオーバーを促す物質の中に、腸内の善玉菌が生成しているビオチンというものがあります。

腸内環境の悪化によって善玉菌の数が減ってしまうと、ビオチンの生成も低下してしまい、結果、ターンオーバーの低下が引き起こされてしまうのです。

ターンオーバーは、私たちのお肌が常に健康で美しくあろうとする大切な働きです。この代謝活動の低下は、ニキビなどの様々な肌トラブルを招いてしまうのです。

大人ニキビに悩んでいる、かつ便秘でもある・・・、そんな方は、普段のスキンケアにプラスして便秘の解消を目指してみましょう。

便秘の原因もまた、人それぞれ様々です。あなたのライフスタイルを振り返って、便秘を招きかねない問題がないかを探ってみてください。

このページの先頭へ