ニキビ改善のための乾燥のお話

「ニキビとは無縁だと思っていたのに、最近ニキビができてしまった・・・。」こんな悩みを持つ方は少なくありません。意外に思われるかもしれませんが、乾燥も立派なニキビの原因です。ニキビと縁遠く見える乾燥が、なぜニキビを引き起こしてしまうのでしょう?

ここでは、乾燥によるニキビの仕組みについてお話します。

そもそも、ニキビの発生はどのように起こるのでしょうか?ニキビの発生は、毛穴が塞がり、その中に皮脂や汚れが詰まってしまう事からはじまります。

ですので、ニキビの発生の理由では皮脂の過剰分泌がもっともポピュラーですね。ニキビ肌、ときけば、多くの方は脂性(オイリー肌)をイメージするはずです。

乾燥肌は、ニキビの原因となる皮脂がとても少ない状態です。皮脂はニキビの元として嫌われがちですが、本来はお肌のバリア機能を担う重要な存在。

そんな皮脂が少ない乾燥肌の方のお肌では、お肌の潤いを守る皮脂膜も少なく、お肌表面の水分は次々に蒸発してしまうのです。

潤いを失ったお肌は、柔らかさを保てません。乾燥肌の方のお肌の表面は、バリアを失い、水分を失い、硬くなってしまっています。お肌表面が硬くなってしまうと、毛穴は次第に細く、つまりやすく変化してしまいます。

その毛穴の中に、少しづつ皮脂がつまり、最終的にニキビを作ってしまうのです。つまり、乾燥肌の方のニキビは、皮脂の分泌ではなくお肌の硬化によって引き起こされているというわけですね。

乾燥肌の方のニキビケアでは、やはり保湿がとても重要です。また、乾燥が引き起こす肌トラブルはニキビだけではありませんね。目元に細くあらわれるチリメンジワや、シミなども、お肌の乾燥で引き起こされてしまいます。

健康的で美しい素肌は、みずみずしさで溢れているものです。保湿は、スキンケアの基本だと言っても過言ではないでしょう。

洗顔後、たっぷりと保湿をおこなうことで、お肌の水分や油分のバランスを保つように工夫しましょう。 また、洗顔で皮脂を洗い落とし過ぎないよう注意することも重要です。

このページの先頭へ