ニキビ改善のための紫外線のお話

紫外線といえば、日焼けやシミ、そばかすなどの、様々な肌トラブルを引き起こす美容の敵です。美容を気にする多くの女性は、日焼け止めクリームや日傘、帽子などで、日常的に紫外線によるダメージからお肌を守っているのではないかと思います。

そんな紫外線が、ニキビ発生にも関わっていることを知っている方は少ないのではないでしょうか?

ここでは、紫外線とニキビの意外な関係についてお話します。

紫外線がニキビ発生に関わっている点は、大きく分けて3つあります。まず一つ目は、紫外線を受けることで活性酸素が発生し、ターンオーバーの低下を招いてしまう点です。

ターンオーバーの低下によって、古くなったお肌が剥がれずお肌に留まると、毛穴のつまりを引き起こしニキビを発生させてしまうのです。

そして二つ目は、紫外線を受けることで角質が分厚くなってしまうという点です。紫外線によるダメージからお肌の内側を守る為、お肌は角質を分厚くさせてしまいます。角質が分厚くなることで、ニキビの原因である毛穴のつまりが起こりやすくなってしまうのです。

そして最後が、二つ目にあげた角質のバリア機能自体が、さらなる紫外線ダメージによって壊されてしまうという点です。バリア機能を失ってしまったお肌は、潤いを奪われ、乾燥を招きます。

乾燥し潤いを失ったお肌は、なくなってしまった水分を補おうと皮脂をたくさん分泌させるのです。 皮脂の過剰分泌がニキビを発生させるということは、多くの方がご存知でしょう。

このように、紫外線はニキビの発生に大きく関わっています。もちろん、紫外線はニキビ以外にも様々な肌トラブルを引き起こす原因となります。

ニキビの発生や悪化を食い止めるためにも、また数ある肌トラブルを防止するためにも、紫外線によるダメージからお肌を守りましょう。

また、ニキビのできやすい肌質の方の中には、日焼け止めクリームのベタつきがニキビの発生や悪化を助長させているようにも感じられてあまり使いたくないという方もいらっしゃるかもしれません。

そんな場合は、ニキビ肌用の日焼け止めクリームを使用してみてはいかがでしょうか?

このページの先頭へ