ニキビ跡化粧水:乾燥肌とニキビの謎

たくさんの人がニキビというお肌トラブルの悩みを抱えています。ですがなぜニキビが生まれてしまうのかということを、きちんと理解している人は多くないようです。
日々の生活習慣で、ニキビ跡を消す

ニキビが現れる理由を大きく二つに分けてみました。まず一つ目は、皮脂の過剰分泌によるニキビの誕生です。

脂ものや甘いものを過剰摂取したことなどの食生活の乱れ、ホルモンバランスが崩れてしまったり、ストレスの蓄積などからも、皮脂の分泌は活発になってしまいます。

二つめは何かがきっかけで毛穴が塞がってしまったことによるニキビの誕生です。

例えば皮脂が多く生まれてしまった事で毛穴をふさいでしまったり、正しい洗顔方法を知らないままスキンケアをしてしまった事で、ファンデーションなどの汚れが毛穴を塞ぐ原因になってしまうこともあります。

お肌を擦り洗いしてしまうと、お肌の表側はダメージを受け乾燥肌へと進行してしまうこともあるようです。また、ダメージを受けたお肌は角質層が崩れてしまったり、剥けてしまったりと、毛穴を塞ぎやすくなってしまうと言われています。

お肌タイプが乾燥肌の人にもニキビが生まれてしまう理由は、お肌が乾燥しすぎてしまうことによって、角質などが毛穴をふさいでしまっている可能性も高いです。

ニキビを予防するためにはどのような事ができるでしょうか。

まずは正しい洗顔方法が基本となります。睡眠時にファンデーションなどが落としきれないままお肌に残留していると、それが元でニキビが現れてしまうことは少なくありません。

メイクを落とす際はクレンジング剤などを利用してメイクをきちんと取り除き、洗顔剤でもう一度お顔を洗ってあげてください。

洗顔方法の中で一番大事なことは、擦り洗いをしないことです。洗顔剤はしっかりと泡を作り、立てた泡でお肌の汚れを絡め取るようにして洗っていきます。洗顔剤の泡をお顔の上で作ったり、、ましてやゴシゴシと擦り洗いをすることは禁物です。

きちんと泡が立っていれば、汚れをしっかり落とすことが可能です。額や小鼻の横の部分などオイリーになりやすい場所は、通常よりも丹念に洗って下さいね。

洗い流す際はぬるま湯を利用してきちんと洗顔剤を落としていきましょう。お肌に洗顔剤が残っていると、ニキビへと繋がってしまうことにもなりかねません。

体の内側からのニキビ予防も進めてみてください。気をつけたいのは、脂肪や糖分を必要以上に摂取しないこととなります。

またお肌に良いといわれる、ビタミンB2・ビタミンB6やビタミンCを積極的にとっていきましょう。お肌の代謝を促してくれる、栄養成分となります。食生活だけでは不足してしまう場合は、サプリメントなどを利用するのもオススメです。

もしもニキビができてしまったら清潔なお肌を意識し、睡眠時間をしっかり確保すること、ストレスを和らげてあげることなどを考えて下さい。化膿してしまったニキビは自分でケアせず、病院などに足を運ぶことも大切です。

大人ニキビと思春期ニキビの違い

思春期では、多くの方がニキビに悩まされます。ニキビイコール思春期、というイメージを持つ方も多いでしょう。しかし、思春期を終えた大人がニキビに悩まされない、というわけではありませんね。

大人になっても、ニキビ(吹き出物)に悩まされる方は大勢いらっしゃいます。

第二次性徴期に伴うホルモンバランスの変化によって起こる、一過性の思春期ニキビとは異なり、大人のニキビはなかなか改善しないことが多いようです。繰り返し同じ場所にできる、繰り返しニキビに悩んでいる方も多いでしょう。

一見、思春期ニキビも大人ニキビも、同じような肌トラブルです。しかし、実際には別の理由で発生しており、改善方法も異なります。

ニキビができる箇所についても、思春期ニキビとは異なる点がたくさんあります。思い起こしてみれば、中学・高校の頃にできていたニキビは、皮脂の多いTゾーン(おでこ・鼻筋)や頬などにできていたように思います。

対して大人ニキビは、あごの下や首筋、Uゾーンに多く見られますよね。そんなに皮脂の分泌が気にならない場所であるにもかかわらず、なぜそんな場所にニキビができてしまうのでしょうか?

それは、思春期ニキビと大人ニキビとの原因の違いにあります。多くの場合、大人ニキビの原因にはストレスやホルモンバランスの乱れが関わっています。

ここでのホルモンバランスは、思春期にように成長に伴うものではありません。ライフスタイルやストレス、または生理前などでも、ホルモンバランスは乱れてしまいます。

このホルモンバランスの乱れを引き起こしている原因は様々です。ご自身の生活を振り返り、思い当たる問題点を改善させていきましょう。

洗顔方法や、使っている基礎化粧品などで、今現在できていいるニキビは改善させることができるかもしれません。

しかし、本当の理由を正さない限り、再び同じような場所にニキビができてしまうでしょう。大人ニキビは、根本的な問題が解決されない限り改善されません。これこそが、思春期ニキビとの決定的な違いだと言えるのではないでしょうか。

ニキビ改善のための睡眠のお話

「夜の10時から、夜の2時までの間の睡眠は、美容にいい」ということを知っている方は多いのではないでしょうか?

逆に、睡眠不足が原因だと思われるニキビに悩まされた経験から、睡眠と美容が関係していることを痛感した方も少なくはないはずです。健康や美容のために、規則正しい睡眠時間を守りましょう、という話は よく耳にしますが、その理由をきちんと知っている方はどれほどいらっしゃるでしょう?

ここでは、睡眠とニキビの関係についてお話します。

まず、睡眠不足そのものがストレスとなってしまった場合、体内では男性ホルモンがたくさん分泌されてしまいます。

男性ホルモンは過剰な皮脂分泌を促す作用を持っていますので、睡眠不足によるストレスはニキビの原因となってしまう、という原因が挙げられます。それだけではありません。

私たちのお肌の代謝活動(ターンオーバー)は、私たちが寝ている間に盛んに行われています。古くなったお肌は剥がれ落ち、お肌の内側から新たなお肌が生まれてくる・・・、このサイクルによって、お肌はいつも健康的で美しい状態を保とうとしているのです。

ところが、睡眠不足になっているということは、その代謝活動を鈍らせることにつながります。ターンオーバーの低下を引き起こしてしまったお肌は、様々な肌トラブルが起こりやすい状況になってしまうのです。

たしかに、お仕事や家事、育児、と、毎日忙しく過ごしている方々にとって、まとまった睡眠時間を毎日確保することは難しいと感じられるかもしれませんね。

しかし、睡眠がニキビの発生に大変深く関わっている事実があります。美しいお肌のために、またストレスのないライフスタイルのために、しっかりと睡眠の取れる生活リズムを手に入れる工夫をしてみましょう。

意外に思われるかもしれませんが、睡眠不足は、ニキビの発生に直接かかわっている原因です。睡眠不足を解消させて、悩みのない健やかな素肌を目指しましょう。

このページの先頭へ